<dependency>
<groupId>com.groupdocs</groupId>
<artifactId>groupdocs-editor</artifactId>
<version>22.11</version>
</dependency>
copied!  
compile(group: 'com.groupdocs', name: 'groupdocs-editor', version: '22.11')
copied!  
<dependency org="com.groupdocs" name="groupdocs-editor" rev="22.11">
 <artifact name="groupdocs-editor" ext="jar"/>
</dependency>
copied!  
libraryDependencies += "com.groupdocs" % "groupdocs-editor" % "22.11"
copied!  

ドキュメントアノテーターJava High Code API

banner

製品ページ | ドキュメント | デモ | APIリファレンス | | ブログ | 無料サポート | 一時ライセンス

JavaのGroupDocseditorは、多くの一般的なドキュメント形式のドキュメント編集を実行するのに役立つJavaクラスライブラリです。それに応じて言語とロケール情報を設定して、多言語文書を編集します。 Java APIを介してより快適な編集体験をするために、ページレスまたはページモードを有効にします。メールアドレスとurisを検出します。

Document Editor Java On Premise API機能

-フローページレスモードページングページのモードの両方で編集を行うことができます。

  • 多言語のドキュメント編集のために、言語 /ロケール情報を取り出して作業します。
  • フォント情報を抽出する機能により、さまざまな環境で同じ編集とドキュメントの外観が可能になります。
  • マルチタブ付きスプレッドシートの編集中に、現在のワークシートのインデックスを指定します。 -Comma分離値(「CSV」)およびTAB分離値(「TSV」)ファイルの編集中にセパレーターを指定します。
  • メモリ使用の最適化大規模な「CSV」および「TSV」ファイルを使用しています。
  • xmlファイルの誤ったドキュメント構造を修正します。
  • URIとメールアドレスを認識する機能。

-編集制限の適用でドキュメントに保護を追加します。

サポートされているドキュメント編集ファイル形式

Microsoft word&reg;: doc/docx/docm/dot/dotm/dotx/flatopc/rtf/wordml
OpenOffice Writer&Reg;: odt/ott
Windows Excel&Reg;: xls/xzlt/xlsx/xlsm/xltx/xltm/xlsb/xlam
OpenOffice calc&reg;: sxc/ods/fods
starcalc: dif
Nintendo&Reg; DSエミュレータ: dsv
Windwos PowerPoint&EG;: PPT/PPTX/PPTM/PPS/PPSX/PPSM/POT/POTX/POTM
OpenOffice Impress&Reg;: odp/otp
テキスト: txt/csv/tsv
マークアップ: HTML/XML

サポートされている自動検出ファイル形式

Microsoft Word&Reg;: doc/docx/docm/dot/dotm/dotx/rtf
OpenOffice Writer&Reg;: odt/ott
Windows Excel&Reg;: xls/xzlt/xlsx/xlsm/xltx/xltm/xlsb/xlam
OpenOffice calc&reg;: sxc/ods/fods
Windwos PowerPoint&EG;: PPT/PPTX/PPTM/PPS/PPSX/PPSM/POT/POTX/POTM
OpenOffice Impress&Reg;: odp/otp

詳細と制限については、サポートされているドキュメント形式をご覧ください。

システム要求

  • Microsoft Windows Windows Desktop&Server(x86、x64)、Microsoft Azure
  • macOS: Mac OS X
  • linux: ubuntu、opensuse、centosなど
  • javaバージョン: j2se 6.0(1.6)j2se 7.0(1.7)j2se 8.0(1.8)以下(たとえばJava 10)

JavaのGroupDocs.editorは、外部ソフトウェアまたはサードパーティのツールをインストールする必要はありません。 インストールと構成で説明されている方法の1つに従ってください。

始めましょう

GroupDocsは、GroupDocsリポジトリですべてのJava APIをホストしています。簡単な構成を使用して、MavenプロジェクトでGroupDocs.editorをJava APIに簡単に使用できます。詳細な手順については、Mavenを使用したGroupDocsリポジトリからのインストールドキュメントページをご覧ください。

サンプルjavaコードをサンプル「txt`ファイルを編集します

TextEditOptions editOptions = new TextEditOptions();
editOptions.setEncoding(StandardCharsets.UTF_8);
editOptions.setRecognizeLists(true);
editOptions.setLeadingSpaces(TextLeadingSpacesOptions.ConvertToIndent);
editOptions.setTrailingSpaces(TextTrailingSpacesOptions.Trim);
editOptions.setDirection(TextDirection.Auto);

EditableDocument beforeEdit = editor.edit(editOptions); // Create EditableDocument instance

String originalTextContent = beforeEdit.getContent(); // Get HTML content
String updatedTextContent = originalTextContent.replace("text", "EDITED text"); // Edit content
List<IHtmlResource> allResources = beforeEdit.getAllResources(); // Get resources (only one stylesheet actually in this case)

//Finally, create new EditableDocument
EditableDocument afterEdit = EditableDocument.fromMarkup(updatedTextContent, allResources);

製品ページ | ドキュメント | デモ | APIリファレンス | | ブログ | 無料サポート | 一時ライセンス

VersionRelease Date
22.112022年11月16日
22.92022年9月27日
22.62022年8月25日
22.42022年4月21日
20.8.12022年1月25日
17.92022年1月25日
20.112020年11月25日
20.82020年8月13日
19.102019年10月4日
19.42019年4月3日
18.92018年9月12日